Pasonのロゴアイコン

Pason

スケジュールを表したガントチャート
PasonのSplash画面と、手紙を読めるホーム画面

このアプリのアイディアは、私にデザインの依頼をしてくれた方が抱いている現在のSNSに対する思いをもとにして生まれました。ですので、まずは同じように他の人が普段SNSを利用するにあたって考えていること、感じていることを聞くことにしました。

ユーザーインタビューの上位下位関係分析法
ユーザーの不満1、誰かに話しを聞いてほしい。ユーザーの不満2、他人の目を気にせず思ったことを言う場
書き出したキーワード
Pasonのロゴ作成の過程

ビジュアルのデザインに関してもユーザー中心で行い、ユーザーに対して意図したイメージを確実に伝える必要があると考えました。そこで作成したデザイン案の中から、どの案がブランドとしてのイメージを最も的確に伝えることができるかを定量的に測定するために、Desirability Testing(100人)を行いました。

Desirability Testingの結果

手始めとして簡易的な構造化シナリオ法を用いて、必要な機能を洗い出し、アプリの骨格を明確にしました。またプロジェクト初期に作成したペルソナを使用することで、アプリの使用が想定される環境、またどういった機能が主に必要なのかを定義することができました。

構造化シナリオ法

次に上記で洗い出した機能にプラスして、ログイン、アカウント作成など他のアプリにもある機能の中で、必要なものを書き出しました。それらをもとにアプリの全体的な流れを把握するため、UI Flowsを作成しました。

UI Flows
UIのラフスケッチ
ユーザビリティテストで発見した問題1の修正点
ユーザビリティテストで発見した問題2の修正点
2回目のユーザビリティテストで上がったタスク成功率、ASQ Score
デザインガイドラインの一部
デベロッパーハンドオフの資料
画面遷移図
定義したUXメトリクス